このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイト 探偵。探偵 |求人。探偵学校・探偵事務所の情報。

探偵会社のアルバイト 求人情報。探偵学校・探偵の求人・事務所情報.。探偵の仕事とは秘密に依頼者の依頼を解決すること…。 アルバイト探偵は探偵になりたい人の情報ポータルサイトです。 大阪・名古屋・札幌・仙台など地域の募集中の探偵事務所や探偵学校を掲載しています。


☆現在募集中の探偵会社のアルバイト☆


新着求人掲載情報
探偵会社AG (アルバイト・探偵 募集中)東京エリア掲載 2014・6
海外失踪法人専門局 その他掲載 2014・8

探偵の仕事の基本

推理小説、テレビドラマ、映画、などに影響を受けて”探偵になりたい”という人がいます。
職業としての探偵は”現実の社会がテレビドラマとは違うように”テレビドラマとは違います。
探偵は依頼人がいてはじめて仕事をします。探偵の仕事の内容も依頼によって異なってきます。
探偵の”基本”は誰にも知られずに、事実を解明することです。
そこで、現実の社会に戻ると、配偶者の不倫を調べたい、不正を相手に分からないように調査したい、
逃げている人を探したいなどいった時に探偵が雇われます。
探偵の仕事をする上で上手に証拠写真を撮ったり、不正の証拠を抑えたり、居場所を突き止めることは当然ですが、
相手に知られないということがとても大切な要素です。相手に知られては探偵ではありません。
巷で言う興信所は、対象者に了解の上、調査をします。ここが、探偵と興信所の大きな違いです。
例えば、ワイドショーなどでやっている不倫調査は相手に知られるとトラブルになる可能性が高いです。
相手に聞いて調べることは、相手に知られず調べることよりも容易です。
探偵になるには、その仕事内容を覚えるより先に、まず相手に知られては依頼人に要望には応えられないことを覚えておくべきでしょう。
相手に知られてよいのであれば直接、聞いたり調べればいいので探偵に依頼する必要はないからです。
依頼人のほとんどが依頼していることを誰にも知られたくありません。
国内では探偵の仕事の中でも主に浮気調査での尾行や張り込み・ 撮影など一部の流れをセミナー的な形で指導しています。
その後の就職は探偵学校を経営している事務所に就職するのが一般的です。
アメリカでは形態が異なり、探偵(P・I)のライセンスの取得が義務なので、資格をとるための学校として探偵の資格を取るための学校として社会的に認知されています。
探偵学校(探偵教室)スクールは人口の多い大阪・名古屋・札幌・福岡・仙台・東京などの都市部に集中しています。
中には、謎の多い探偵に大きな興味・関心を持って就職目的ではない人も少なくありません。
一般的な学校や専門学校と比べて入学試験もありませんので敷居は低く、料金さえ支払えば、誰でも行くことができます。

 


    国内での探偵の主な業務

  1. 会社の信用調査・内部調査・取引先の状況の調査・人事調査
  2. 個人の信用調査、素行、所在調査。夫婦間の不貞行為に関する調査。
  3. 裁判の訴訟などに必要な証拠収集。
    生命保険や損害保険調査。
    探偵になるために必要なことは?

  1. 探偵業法についての理解
  2. 免許・資格はありません
  3. 他人の秘密を知る立場にあるため社会的な倫理観
  4. 厳しい条件の中でも、情報を得ないとならないため忍耐力
  5. その他、自動車運転免許証など

-------------------------------

『探偵』

プロローグ・探偵の由来

探偵の語源です。
探と偵(探偵の”偵”は相手の様子をうかがうという意味の漢字)という二文字からなります。 ゆえに、探偵は相手の様子をうかがう・探る・探すという意味になります。 つまり、探偵の仕事は他人の秘密を密かに調べる・探すことです。

第一章

探偵の歴史

探偵は世相を反映します。最初の探偵した人は誰かといえば、 原始時代にも紀元前にもさかのぼるかもしれません。 なぜなら様々な状況で、こっそりと相手の様子を伺ったりすることも探偵だからです。 日本でも戦国の歴史があり、その時代、時代でスパイはいたことと思います。

第二章

探偵の職業の成り立ち

探偵は仕事として成り立っていったのは、1900年代初頭です。 初期は政府などに雇われていました。 その後、職業として成り立っていったのはピンカートン探偵社がきっかけと言われています。探偵をして、密かに探ることをセキュリティーに生かして、社会に貢献していきました。 現在でも警備に探偵を生かして存続しています。このページを見ている方は探偵といって思い浮かべるのはそれぞれあると思いますが、 基本は他人の様子を秘密に探ることです。 テレビドラマや推理小説に出てくる探偵はおおよそ、殺人犯を逮捕するために探偵をし、 犯人の秘密を探っているわけです。 現在、日本の探偵は、夫婦間の秘密(俗に言う浮気調査)や人探し・企業事情・不正を暴くことに利用されています。それは、現代では、それらの問題が一番身近な謎だからだと思うのです。

第三章

探偵の法律の成立・探偵業法

探偵業の業務の適正化に関する法律が2004年施行されました。 それまで、特に制約のなかった探偵業に、規制ができたのです。
要約すると、探偵は
”「他人の依頼を受けて」
「人の所在又は行動について」
「面接による聞き込み」
「尾行、張り込み」
を行うと定義され、
「人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害」 「依頼目的が、犯罪や差別など違法行為」 につながる件は受けてはならない” など社会的倫理観としての制約も加えられました。 また、誰でも、届出を出せるというわけではなく、 ”「成年被後見人・被保佐人・破産者・暴力団」 「禁錮刑以上に処せられた者・探偵業法に違反した者・ 元暴力団員・それらから5年未満の場合」 は届出が出せない。” といったように、探偵の業務が違法行為につながらないため 探偵業を行うには届出が義務化されました。 正当な理由がなければ、依頼は受けてはならず、 業務も法律の範囲内で行わなければ、処分されます。 探偵には社会的な倫理観と正義感が必要 という抽象的だったものが、法として表現されました。

第四章

探偵の教育

また探偵業を行う事務所は雇用する従業員に対しての教育も義務付けられました。 探偵業法に対する理解の促進を求めて、探偵業法勉強会の 実施などの資料の提出などがあります。

第五章

依頼者とのトラブル防止

それまで依頼者の事情で口頭での契約も行われていた依頼契約にも 書面の交付が義務になり、違反した場合、営業停止などの処分が下されています。

第六章

探偵の秘密保持

探偵は秘密をばらしてはいけません。 それは、業法に”探偵業者の業務に従事する者は、業務上知り得た人の秘密を漏らしてはなりません。探偵業者は、探偵業務に関して作成・取得した資料の不正・正当な利用の防止措置をとらなければなりません。”と表現されています。

第七章

探偵業法をまとめ

探偵業法をわかりやすくまとめます。
1 探偵業を始めるには所轄警察署に届出をしなければならない
2 条件によって届出を出せない人がいる
3 勤める事務所が出していれば、従業員は出す必要がない
4 法的に正当な理由がなければ依頼を受けてはならない
5 依頼時には料金・期間・氏名・住所など明示して、契約書を作成しなければならない
6 依頼時には重要事項説明をしなければならない
7 公安委員会の立ち入り査察に応じなくてはならない
8 従業員名簿を設置しなくてはならない
9 探偵業法に違反の場合、営業停止や営業廃止処分などがある

第八章

探偵の資格

これは、国の法律によって異なります。日本では現状として資格は探偵業法の欠格事由 に当てはまらないことです。今後、免許制になる動きもあります。

 

エピローグ 第九章

探偵の依頼料

探偵に依頼する時、依頼料が発生しますが、
それは、契約前に見積書に記載し、掲示しなければいけません。
(追加料金トラブル防止の観点)

第十章

探偵の仕事

では、現在の探偵の仕事は?
説明します。
1 人探し
連絡の取れない人を内密に探したい・・ このようなケースで、探偵が利用されます。 例えば、お金を貸して逃げられ、連絡が取れない、 家出した娘を探したい などです。依頼者から逃げている場合、 わからないよう探さなくてはいけないため、 探偵の出番となります。
2 不倫調査
夫婦間の不貞行為は離婚事由として認められており その際、慰謝料などが発生します。 それを、わからないように調べなくてはいけない時 探偵が必要とされます。
3 企業向け調査
企業には多くのトラブルがありますが、 不正・虚偽を隠蔽されている時、 それを調べるために探偵に依頼する場合があります。
4 証拠収集
民事的なトラブルの場合、証拠がものを言います。 相手が話し合いだけでは、事実を認めない・事実を隠す場合、 探偵がわからないように証拠を掴みます
5 セキュリティー
セキュリティーを行う上で、探偵が必要とされるケースがあります。 その目的は危機を事前に察知、または事後対応するためです。

第十一章

探偵の手法

探偵をするには、秘密を暴かなくてはなりません。
そのためにすることは、
1情報収集
2推測(推理)
3聞き込み
4張り込み
5尾行
6証拠収集
などです。

第十二章

探偵の現状・探偵事務所に働く人・探偵をめざす人

現在、探偵事務所は都心に集中しています。個人・企業含めて数千もの届出が出されています。その多くは大阪・名古屋・東京・札幌・福岡・仙台などの大都市です。 探偵事務所に勤める年代は30代から50代で、女性も増えてきています。 また、探偵を目指す20代の若者も増加傾向です。ただし、探偵を目指す人と依頼する人は比例して増加しているわけではないため競争が激しく、多くの人が探偵をやめていく状況が続いています。

第十三章

探偵の今後

探偵は世相・法に基づいて、仕事が変わってきます。 法は、国によって異なるので、国によって探偵の仕事も異なっています。 探偵の今後は?将来は?ということは今後の世の中は? ということではないでしょうか。

エンタメ探偵
・名探偵コナン