探偵はどんな事を調査するのか、探偵の仕事内容を調べてみた

探偵の仕事内容とは?探偵は何を調査する
テレビ番組や漫画・アニメなど様々なメディアで見聞きする機会も多い探偵。今回はそんな探偵という職業の仕事内容について書いてみたいと思います。

探偵というとミステリー小説や漫画などの影響から殺人現場に現れて警察でも解決できない難事件を解決する人というイメージを持つ方もいると思います。

しかし本来はそんなことはなく業務の中で事件に遭遇することはあっても殺人現場に居合わせることなんてほぼ無いと思います。

実際には企業や個人などからの依頼で調査業務に従事することが多いです。中でも浮気・不倫などに代表される男女のトラブルにまつわる調査依頼は非常に多く、探偵の仕事の5割から8割くらいは浮気調査だと言われています。

また、浮気調査の他にも例えばお見合い相手や家族の恋人などの素性を調べてほしいや企業であれば雇用しようと思っている相手の素性・経歴を調べてほしいといった依頼もあります。

また失踪してしまった人や疎遠になって連絡先も分からない家族や知人などを探すなどの依頼にも対応しています。

男女のトラブルにまつわる調査依頼が多い探偵ですが、ストーカー調査や虐待の有無の調査などをすることもあり、探偵業は警察などでは対応できない分野を補うのが探偵の仕事です。

探偵業法を考えると、探偵はどこまで調査できるのか?

探偵の仕事内容に違法性はないのか
探偵の仕事内容が浮気調査や人探し調査だということはわかりましたが、その探偵の調査に違法性はないのでしょうか?

依頼によって対象者と恋人や浮気相手の関係を引き裂くいわゆる「別れさせ屋」のような業務を行っている業者もあります。

こうした業者もいると聞くと、探偵は違法なのでは?と考えてしまうのは仕方がないと思います。

安心してください。ほとんどの探偵事務所は違法な調査を行っていません。

探偵の違法でない仕事内容には以下の物があります。
  • 調査対象者の尾行や張り込み
  • 調査対象者の撮影
  • 第三者への聞き込み
  • 法令や条例に違反しない調査行為
  • 相談業務
  • 調査報告書の作成
  • ビデオや写真の編集
  • 事務所の運営業務
  • など
以上のような仕事内容となっています。

探偵は、調査業務の他に、一般企業と同じく事務所運営に必要な業務から、調査に関する事務的な業務を行っています。

一方で探偵が行うことができない仕事内容には、各種の法令や条例に違反行為は業務として行うことができません。

探偵事務所は探偵業法という法律に定められた範囲で、調査活動を行っています。

また、探偵業界には調査業協会という団体に加入するなどして、違法な調査を行わないように協会が指導を行ってり注意喚起をすることがあります。

もしも危険な調査を行っている探偵事務所があれば、その業者は探偵とは名ばかりの悪質業者の可能性がありますので注意が必要です。
関連リンク
Copyright (C) 探偵求人はどこで探す?広告掲載とは All Rights Reserved.